ブラウザゲームランキング

ブラウザゲームランキングについて

近頃はブラウザゲームも随分と進化しましたよね。

ちょっと前だと、精々が暇潰し程度に遊ぶゲームだった筈なんですが、最近のブラウザゲームはガチでやり込めるレベルのできになっています。

ネット上でランキングを見る限り、上位のブラウザゲームは完成度の高い物ばかりです。

ファミコン世代の私としては、少し懐かしさも感じる作風が多いのも特徴になります。

そのブラウザゲームですが、ランキングなどもある通り、最近の物だとかなりの人たちがプレイしているものと思われます。

しかし、ブラウザゲーム自体を知らない人もまだまだいることでしょう。

ですので、少しブラウザゲームについて紹介しておきます。

ブラウザゲームとは、インターネット接続環境さえあれば、インストール不要で遊べてしまうゲームの事です。

低スペックパソコンでも遊べる物が多く、パソコンへの負担が少ないのも特徴です。

そもそも、ブラウザゲームとは、その名が示す通り、「ブラウザ」を使って遊べるゲームの事になります。

「ブラウザ」とは、インターネット等、ウェブ上で纏まった情報の閲覧に使用されるソフトの総称で、「Internet Explorer(IE)」などがそれに該当します。

ザックリ言ってしまうと、要はパソコンが使用可能な状態でインターネット接続環境があれば、だいたいのブラウザゲームは遊べるって事です。

昔はシミュレーション一択でしたが、MMORPGやアクションRPGなど種類も豊富になっています。

興味のある方は、是非一度ブラウザゲームランキングなどを検索し、そちらから好みのブラウザゲームを始めてみるとよろしいかと。

ランキング上位のブラウザゲームは、本当に完成度が高くて面白いですよ。


ブラウザゲームランキングについて(その2)

オンラインゲームを始める為にランキングなどの情報アテにしていたのですが、アレは意外に適当みたいです。

実際、ブラウザゲームもそうですが、ランキング上位に行くほど面白いかというと、そうでもなかったりします。

ランキング上位のタイトルをダウンロードして、イザ始めてみると、酷く過疎っていたりします。

ここ最近はオンラインゲーム自体が多くて、ユーザーの奪い合いになっていますから、結局ドコも過疎っているので、ロクにPT用コンテンツなんて楽しめない状況になってきています。

私の経験則なんですが、先ほど上記したランキング上位のブラウザゲームになります。

ブラウザゲームは暇潰しなどのタイミングで手軽に楽しめる為か、意外と人がINしているんです。

パーティー用コンテンツより、個人でのプレイを想定したコンテンツが多い為、パーティー募集などで感じるイライラもありませんし、ネット環境さえあれば出来てしまう利点もあります。

そこで、ランキングお上位に上がっているブラウザゲームのタイトルを幾つかご紹介しておきましょうか。

一つ目は、カードゲーム形式のブラウザゲーム「サイバーワン」です。

二つ目は、シミュレーションタイプのブラウザゲーム「ドラゴンクルセイド2F」

三つ目は、横スクロール型MMORPGのブラウザゲーム「ブレイドオブドラゴン」

いずれもブラウザゲームとは思えない完成度の高さで人気を呼んでいる作品で、プレイヤー人口もかなり多いです。

興味のある方がいらっしゃいましたら、コレらの公式サイトへどうぞ。

勿論、インストールなど一切不要ですぐにでもゲームを始められますよ!


ブラウザゲームランキングの注意点

ブラウザゲームとソーシャルゲームは、上位ランキングでしばしば混同されがちだが、その意味する所は意外にも大きい。

ブラウザゲームのランキングに含まれる物の中にソーシャルゲームが混じっていることが良くあるが、これが典型的例といって良いだろう。

そもそも、ブラウザゲームとは概念であり、ブラウザ上で機能するゲームを指して使用される。

よって、SNS上で機能するソーシャルゲームとは随分と異なるのだ。

ソーシャルゲームを含めてブラウザゲームと呼称するのであれば問題は無いのだが、同じ物ではないという事を覚えておいて貰いたい。

例えば、ネット上で閲覧出来るブラウザゲームのランキングには、「サイバーワン」「ドラゴンクルセイド2F」「RPG三国志」などが上げられるが、これは確かにブラウザゲームにカテゴライズされるものです。

しかし、たまに「怪盗ロワイヤル」「ガンダムロワイヤル 」のような携帯用アプリゲームや「海賊トレジャー 」「WEB三国志 危機一髪」など、パソコン用アプリゲームまで混在している場合がある。

コレらはソーシャルゲームであり、グリーなどが提供しているSNS上で動作する物がソーシャルゲームである。

また、これらソーシャルゲームは現在急成長を遂げている業界で、2年ほどの間に、一年でFacebookは売り上げ3億ドル(約275億円)を上げているほどです。

ブラウザゲームとは違い、携帯などから手軽にアクセス出来るのも理由の一つだろうが、ランキング上位のブラウザゲームもこれくらい頑張ってもらいたとも思う。

ちなみに、ソーシャルゲームもそうだが、ランキング上位のブラウザゲームでも多くの問題を抱えており、今後早急なその改善が望まれている。